プログラマブルキーボードが便利だった。

折り紙とはあまり関係ない話。Illustratorのアクションやスクリプトの起動用に、Koolertronのプログラマブルキーボードを買った。 しばらく使っているがそれなりに便利だったので紹介。

23個のキーに、それぞれキー配置や組み合わせを割り当てて使えるサブキーボード。Win・Mac両方で使えるものは案外少ない。値段も妥当なところだと思う。 ドライバ等は不要。また割り当てたキーのデータはキーボード側に保存されるので、一度設定してやればそのまま別マシンに挿して使える。 作りはシンプルではあるけれど、壊れやすそうなところもなく個人的には好きなデザイン。LEDはなくてもいいけれど、キーを押したフィードバックとしてそれなりに便利でもある。でも虹色カラーはどうかと思うのでリンクは青一色のもの。

割り当てるキーは好みではあるのだけれど、私の場合は主にファンクションキーとコマンドキー等の装飾キーの同時押しを設定している。 また、右下の大きなキーにはシフトキーを割り当て、組み合わせて使えるように設定している。 ちなみに理由は、Illustratorのアクションに設定できるショートカットは、基本的にファンクション+コマンド+シフトの組み合わせになるので、それに合わせてある。

折り図描きは基本的に右手はマウス、左手はキーボード左端で各種ショートカットを使いながら作業しているのですが、拡張キーボードをその左側に置くことで手の位置を大きく変えずに使えるようになります。F12+コマンド+シフトとか左手のみでは使いにくい組み合わせが、楽に発動できます。 なくてもどうにかなるものではありますが、スクリプトやアクションのショートカットを多用するようなケースでは、かなり便利なのではないかと思います。