「 創作tips 」一覧


創作tips:ヒダの折り出しの幅は割と自由度が高い

指等を折り出すためにヒダを作る構造。よく利用されているお馴染みのものだが、実はヒダの幅は等分でなくてもよい。それどころか恐ろしく自由度が高い。

下図は√2:1に分けた例。22.5度系で便利な局面がわりとある。(ユニコーン2.0

2以上のヒダにすることも可能。下の例は幅4:3:2:1のもの。

指等のカドの折り出しの他にも、模様として使うことも可能。(例:アルドゥインの首の部分)


創作tips:目を小さく折ると作品全体が大きく見える

タイトル以上に説明することがないけど一応。

折り紙で題材の大きさを表現するのはなかなか難しいのですが、作品の一部分を細かく折ることで、相対的に作品全体が大きく見えます。具体的には「目」を小さく折り出すのが分かりやすくておすすめです。

逆に小型の動物等の場合に、目を大きめに折り出すのが有効です。