「 illustrator 」一覧

折り図tips:前面・背面にペースト

折り図を描く時の、紙や折り筋の重なりの調整方法には、「前面/背面にペースト」を使うと便利です。

選択されたオブジェクトのすぐ上、もしくは下にペーストする機能です。用紙面のすぐ上に折り筋を追加したい場合や、中割り折り等の場合に特定の隙間にオブジェクトを追加したい場合に使えます。それ以外にも修正や重なりの調整など、さまざまな場面で活用できる機能です。使おう。

重なりの順番を一つずつ入れ替えてもいいのですが、図が複雑になると非常に手間がかかります。また、グループ内への追加の場合には、更に手間がかかる場合もあります。状況に応じて使い分けるとよいでしょう。

FreeHandでは編集メニューのスペシャル項目(特殊なコピペ機能)内にあります。ショートカットを割り当てておくと使いやすいでしょう。私の場合はcmd+sft+Fとcmd+sft+Bを設定しています。(画像は割り当て済み)。

 

AIは編集メニューに項目があります。ショートカットはcmd+Fとcmd+Bです。

Inkscapeには、もしかして機能自体無いかも。ほとんど使っていないので詳しくは分からないけれど、使えないと大変そう。需要の高そうな機能なので、アドオンとかあるのかな?


折り図tips:パスの方向の反転

山折り線・谷折り線の終点が半端になってしまう場合の対処法です。

こんな感じに半端な長さの点線が残ってしまう場合です。山谷の折り筋は、起点となる点から外側に向けて直線を描くケースが多いと思いますので、実は結構発生しやすい問題です。これはパスの向きを反転させる事で問題を解決する事ができます。線の長さを調整してもいいのですが、拡大・縮小するとずれて調整し直しとなるのであまりお勧めしません。

FreeHandの場合、メニューの「修正」→「パスの操作」→「逆方向」でパスの向きを反転させる事ができます。よく使う機能なので、ツールバーに登録しておくと便利です。

 

結果、半端な部分は折り線の起点側になり、表示される部分はきれいな谷折り線になりました。

Illustrator(手元のCS5)の場合、探してみたのですがそれっぽい機能が見つけられませんでした。一応、

  1. パスを選択して複合パスを作成(cmd+8)
  2. 属性パネルの「パスの方向反転」オン、オフで切り替え
  3. 複合パスを解除(cmd+sft+opt+8)

という手順で反転自体はできるという情報は見つけたのですが、少々めんどくさい。直線であれば180度回転でもいいのですが、ポイントが多いオブジェクトの場合はちゃんと反転させるべきでしょう。

こういう時はスクリプトが便利です。絶対同じ事を考えた人がいるはずと思い探してみたところ、やはり作っている人がいました。

http://www.pictrix.jp/ai/ReversePath/

Illustratorでの作業では必須スクリプトとして愛用させて頂いております。この場を借りて一方的にお礼申し上げます。

これもショートカット割り当てのサポートアプリなどを利用して、呼び出しやすい状態にすると便利です。

最後にInkscapeの場合。せっかくなので確認したところ、Pathメニューにありました。

以上、鎖線の終点だけでなく、紙の重なりなどで山折り線(の短い線)が見辛い場合にも使えます。


塗りのある直線

  • 直線には塗りを設定しない方がよい
  • 画面に表示されなくても、面積ゼロの塗りオブジェクトが存在する
  • 環境によっては表示される場合もあり、不都合となる可能性もある

以下、詳しく。

ドローソフトでは、線などのオブジェクトに「線の色」と「塗りの色」を設定することができます。ほぼ全てのオブジェクトに対して色の設定自体は可能なので、必要のない部分にも塗りの色を設定する事が出来ます。

但し、例えば単純な直線のような、面積のないオブジェクトへ塗りを設定するのは意味がないので、相当特殊な理由がない限り避けるべきでしょう。

具体例として、谷折り線に塗りを設定した場合を見てみます。

まず、FreeHand MXでは、直線の塗りは描画されません。

折り図を描いていても、塗りがあること自体に気がつかないかもしれません。

さて、同じデータをIllustratorで開くとこうなります。

点線に設定された塗りが、細い線として描画されます。線が2重になっているようで紛らわしいですね。

さらに、PDFとしてAcrobatで開くと、AIと同様に線状に描画されます。前述のFHや、最近はInkscape製のデータで結構見かけます。

なお、同じPDFでも、MacOS標準のプレビューでは描画されません。

この例とは逆に、折り筋線のつもりで塗りのみのある直線をつかってしまうと、画面では見えるのに印刷では消えてしまう線になってしまう可能性があります。

表示が安定しない、無駄なデータを持つメリットはありません。面積のないオブジェクトには、塗りを設定しないように気をつけるとよいでしょう。


ドローソフトのグループ階層について

折り図tips:作業中のグループ化 https://www.folders.jp/uc/2018/431/で少し触れたグループ化階層の上限の件、せっかくなので確認してみた。

まずはIllustrator CS5、29回目でエラーメッセージが表示された。ということで、28回。

なお、どうもエラーメッセージを見る限り、回数だけでの制限ではないらしい。グループに長い名前をつけたりすると、条件が変わるのかもしれません(未検証)。

FreeHand MXは20回。さすがに古いソフトという事もありAIより少ない。

inkscapeは、もしかしたら制限が無いかもしれない。とりあえず50回までは確認した。svgファイルの<g>タグの階層が酷い事になるけれど、プログラム上での扱いは問題ないのかもしれません。

ちなみに私はこれまで折り図を描いていて、グループの階層の限界で困った事ありません。図ごとにグループ階層を増やすとかしない限り、現実的にはほぼ問題にはならないように思います。


線を短くするスクリプト

選択されたポイントがパスの起点か終点の場合のみ、2pt分短くするスクリプト。紙のフチから折り筋線を少し離す時に使えます。こういう作業を一括処理できるのが、スクリプトの良いところ。

以下仕様と注意点など。

  • 処理としては、オブジェクトの起点と終点のポイントを選択されているか判定して、それぞれ2番目のポイントの方向へ移動させています。
  • 最初は選択されたポイントを判定していけば出来るのでは?と考えたのだけれど、判定方法に悩んだ結果、結局上記の順番になっています。
  • 実際のコードについては、素人目で見てもかなり酷い。とりあえずポイント移動の座標計算で起点・終点で同じ事をしているので、切り離して関数化した方がよさそう。
  • ベジェ曲線には未対応。ハンドルが消えるので注意。
  • 短すぎる際の処理についても未対応なので、多分反対側に飛び出す。

cutline.zip


数字を加算するスクリプト

選択されたテキストを数値として取得し、1を加算・減算して返すだけのスクリプト。

要するに図番号用で、図が一つ増えたり減ったりした時、その後の数字をずらすのに使えます。

例によってエラー処理などなにもしていません。parseIntのみで強引に整数化しているので、例えば「15a」の「a」は消えてしまいます。また、数値以外で始まるテキストが含まれていると、NaNを返します。

ORZnumber


同じ種類の鎖線を選択するスクリプト

同じ種類の鎖線を選択するだけのスクリプト。特定の鎖線、たとえば山折り線だけを選択したいときなどに使えます。

見て分かるとおり、エラー処理などは全くしていないので、使用ついては自己責任でお願いします。

スクリプトファイル:SelectSameDashes

RunSclipt = confirm (“選択されたオブジェクトと同じ鎖線を、選択状態にします。\nスクリプトを実行しますか”);

if (RunSclipt == true){

     ORZsel = activeDocument.selection;

     ORZlinedashes = “”+ORZsel[0].strokeDashes;

     ORZobj = activeDocument.pathItems;

     for (i=0; i<ORZobj.length; i++){

          if( ORZobj[ i ].strokeDashes == ORZlinedashes ){

               ORZobj[ i ].selected = true;

          }

     }

}


Adobe Illustratorでスクリプトを動かす

Illustratorでは、JavaScriptなどで書いたスクリプトを動かすことができます。これによって、メニューやアクションでは出来ないようなことを、簡単に行う事が出来るようになります。

幸いプログラムに関しては、昔BASICやHyperCardで遊んでいたこともあり、簡単なものであれば書いたり改造もできます。

ということで、実際に使ってみるととても便利で、作業によってはスクリプト無しは考えられないというくらい手放せなくなりました。特に判定が必要な自動化については、アクションの機能だけでは実装が難しいため、スクリプトが使えるかどうかで出来る事がまったく変わってきます。

Illustratorで折り図を描いていて、かつ簡単なプログラムが出来る人は、導入を検討してみてはいかがでしょうか?

ツールや資料など。

「ScriptKeyAi」

http://tama-san.com/scriptkey/

ショートカットからスクリプトを起動するサポートソフトウェア。とても便利。特に何種類かのスクリプトを何度も実行するような場合には必須。アイコンもかわいいですね。

Illustrator自動化基本編

参考書。スクリプト例文集。著者はMZ-700ユーザーにはおなじみの古籏一浩氏。サイトにも異常な量の情報があふれています。

http://www.openspc2.org/

余談ですが、古籏氏とMZ-700から生まれた「MZ-700に不可能はない」という言葉は、私にとっての座右の銘的な言葉の一つです。